FC2ブログ

奈良西大寺・秋篠ドッグカフェ『カフェ・すまいる』

奈良市秋篠三和町1-3-9 📞080-8460-7799

Entries

12月16日(日) アニマルコミュニケーション会 募集中



1540887685660.jpg
「かくかくしかじか」「ふむふむなるほど」



ご家族であるワンちゃん、ネコちゃん等とお話ししたいと思いませんか?

お星さまになったペットさんともお話しできます。悲しさ淋しさを和らげる手助けになるかもしれません。



アニマルコミュニケーターの葱ちゃんをお迎えして、

アニマルコミュニケーション会を開催します。


12月16日(日) 満員御礼


①10:00~11:00  ご予約済み
②11:10~12:10  ご予約済み
③13:10~14:10  ご予約済み
④14:20~15:20  ご予約済み
⑤15:30~16:30  ご予約済み
⑥16:40~17:40  ご予約済み

ご予約をお待ちしております 

詳細、お申し込みはコチラ☆から。


アニマルコミュニケーション会が良く分かるお話です。
アニマルコミュニケーター 葱ちゃんのブログから抜粋しました。




動物さんにも
こころや感情というものがあります

擬人化することが いいことではありませんが
私たちヒトと同じように 寂しく思ったり 嬉しかったり
いろいろ感じ 考えていますし
聞いたら答えてくれる、という図式ばかりではありません

思い出したくないことや言いにくいことだって あります

そこは
ていねいに説明させていただき
きもちがほぐれ 話しやすくなるように
お話させていただきます
聞いたことに対して すべて回答してもらえるとは限りません
思ったような回答がもらえないことも あります
なかには
『ママは こう言ってほしいんでしょ?』と
見透かしたように 望むとおりの回答を用意してくれる動物さんもいますし
質問の意図とは 違うこたえしか 返してもらえないこともあります
(感情が未発達な 幼い動物さんにみられがちです)

そして
聞いたことは 聞きっぱなしにしないように お願いいたします
大好きな飼い主さまに伝えた=受け入れてもらえた と考える動物さんも 少なくないです

たとえば、
お散歩が少ないことや 時間の短いことへのお話だったとします
『時間短くって ごめんね もっと行きたい?』
こういう内容も よくあるのですが
ここで 『行きたい!』という回答をもらったとします
動物さんは 「オサンポ増えるんだ 長くなるんだ♪」と
とってもワクワクしているでしょう

しかし
飼い主さまとしては 『どう思っているか知りたいだけ』のことも よくあり
「そっか・・・行きたいんだね、ごめんね 忙しくて」
と、今まで通り・・・・だとしたら
あなたが 動物さんだとしたら どう感じますか?

じつは こういうことも よくあることなんです
なぜ、それを聞きたいのか
聞いた上で どうしていけるのか、なども
いま一度 お考え下さいね

ご質問の内容や仕方が いまいちわかりにくい
この質問でいいのかな? と思う場合など
なんでも おきがるに お聞きくださいね
私からも
この質問は・・・と感じた場合は
内容が変わらないように 質問の仕方を変えることもしていますし
飼い主さまに 逆に問い直し
あらためて 考えていただくことも ございます
ご了承くださいませ

「できないこと」は 悪いことではありません
お散歩のお時間や回数
ごはんの内容や 量
それぞれのご家庭によって、
また 動物さんの状態によって ベストな量は違います
犬種によっても 差が出ますし
でも
なぜできないか、など きちんと説明することは 大切です
『オサンポ、ママは腰を痛めたから 長くは行けないんだ』
『楽しみにしているんだよね、~~だったら できるけど どうする?』
『協力してくれて ありがとうね すっごく助かっているよ』
『~~のときに ○○は任せたからね お願いね』など
動物さんに理解できるように伝え おきもち(やる気)を引き出すように
ぜひ 飼い主さまのことばで 伝えてあげてくださいね

そういう時に
アニマルコミュニケーションで
「なぜイヤなのか、どういうきもちなのか」聞けると
より 対処が具体的になります
動物さんに こちらの思いが届きやすくなり
結果、飼い主さまにとって 嬉しい行動につなげていける・・・
そんなふうに サポートさせていただきますので
一方的に 『ダメったら ダメ、やめなさいって言ったでしょ!』
という感じにはしません
なので
『困っているから ~~をやめるよう言ってください』
というお話を そのまま伝えたりすることは していません
どうして それをしているのか
どんなきもちが 込められているのか
ママが困っている事を知っているのか
それをすると どう感じるのか、など いろいろと動物さんにも聞きますし
飼い主さまにも、代替案や譲歩案なども 考えていただきます

これは 口に入れたら困るものなどでも よくあるお話です
ママや私のようなヒトと動物さんは ちょっと違うんだよ、と
違いをお話することだって よくあります

以上
具体例などを 少しご紹介させていただきました
これってどうなんだろう?
この質問は だいじょうぶかな?など
なんでも おきがるにお聞きくださいね






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村
応援のポチッとお願いします




関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoako

Author:momoako
布が好き。
犬が大好き。
フェルト刺繍作家
2016年11月1日ドッグカフェ開店
皆様のご来店をお待ちしております

最新記事

最新トラックバック